はまろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまろぐ

いろいろと書いてみる

嫌われがちかあざとい女子に心奪われた26歳・夏

雑記

忌み嫌われがちなあざとい女性の魅力に遂に気付いてしまいました。あざとい女子がモテる理由が分かった。これはハマりそう!

f:id:hamalogchan:20160820232000j:plain

 
そもそも僕の周りにはサバサバ系の女性しかおらず、男友達とやりとりをする様な感覚で接していました。あざとい女性は、田中みな実や芹那とかテレビの中にのみ存在すると思い、26年間生活してきた。ちなみにテレビ越しの、あざとさは割と好きだったw
 
そんななか、ひょんなことから出会った女の子が典型的なあざとい女子だった!!会話の一発目から新鮮過ぎて感動した!
 

会話が楽しくて気を使える

あざとい女子との会話は乾いた心に潤いを与えてくれます。こう言ったらこいつ喜ぶだろうな?こういう行動をすれば気を引けるな?など、計算し尽くされた行動。会話を盛り上げるのもうまいし、行動の隅々に気遣いを感じられる。頭の回転が早い女性と話すのは楽しい。サバサバ系女子との会話も楽しいけど、少し女子女子しさに欠けるので気持ちが上がりにくい。
 

美意識が高く小綺麗にしてる

偏見だと思うけど、東京の人って肌が汚い人が多いんですよね。汚れきった大気が原因か、ボロ雑巾のような働き方をしてからかな?
あざとい女子はやっぱり、自分を良く見せようと思う気持ちが強いのか美意識が高くて、こっちのモチベーションも上げてくれます。もともと自分も、「かっこ良くなりたい!」というよりは、キモイと思われたくないって気持ちが強くてファッションやスキンケアに気を使っていました。最近は、そういった気持ちが薄れててたので、意識を高めさせてくれる人が近くにいると嬉しい。
 

まとめ

普段接しないようなタイプの人と話すのは、やっぱり楽しい!やっぱり男慣れしてる女性は悔しいけど魅力的に感じる。下ネタや肉体的な接触とかをしなくても性を意識させる言動は見習いたいところ。今まで、駆け引きとかは一切せずに戦ってきたけど、東京は恋愛スキルを身に付けないと勝負ができない市場だと実感しました。26歳そろそろ本気で戦闘の準備をしないといかんと思った、そんな夏でした。